印鑑証明が必要になる

イメージ画像

印鑑証明は個人の実印がないと作れません。
個人の実印は、ハンコ屋さんで購入して役所で印鑑登録してから印鑑証明が取れます。
個人の実印を持っている人は、世帯主の人や独身で持っている人もいます。
個人の実印を使う時は、印鑑証明もセットの場合がほとんどですよね。
個人の実印だけを使って終わりという書類はないと思います。

印鑑でも実印は、普通の印鑑と役割が全然違います。
印鑑は、全部大事に扱わないといけませんが、個人の実印は別格です。
印鑑証明と実印という事は、本当にこの契約をしますという意思表示でもありますから、何となくという安易な気持ちで契約すると大変な事になりますから気をつけて下さい。

印鑑証明が必要になったから、個人の実印を作るという人は少ないと思いますね。
ほとんどが、ある程度の年齢になったら作っていると思います。
作る時期は、両親に言われて作る人や、お祝いで貰ったりする人もいると思います。
何歳になったら作りなさいという規則がないだけに、困るといえば困るかもしれません。
強制では、ないですからね。

大きい買い物をする予定が無ければ、個人の実印は持っていても、あまり必要ないかもしれませんね。
買うか買わないかは別ですが、所帯を持っている世帯主は一応、個人の実印は作って持っていた方がいいです。
どの印鑑もそうですが、慌てて作った印鑑は自分が気に入って購入していないので、大事にしなかったり紛失したりしますので、愛着が持てる印鑑を購入して下さいね。

印鑑は信用を左右する
http://www.admin2007.com/

このページの先頭へ